施策一覧

SecHack365

基本情報

実施者 (国研)情報通信研究機構(NICT)
対象者 自宅でインターネットを
利用する人向け
子供層
中間層
シニア層
オフィス等でシステムを
利用する人向け
一般社員
管理職
経営層
セキュリティのプロフェッショナル
セキュリティに関する各種教育・
普及啓発をする人向け
子供層
中間層
シニア層
相談窓口を利用する人
施策の種別 人材育成施策 プラス・セキュリティ
セキュリティマネジメント
セキュリティ技術
普及啓発施策
難易度
(人材育成施策のみ)
中級
実施場所・実施形態 オンライン
期間(実施頻度) 1年間
※毎年4月頃募集(2021年度の募集は終了)
費用 無料
URL https://sechack365.nict.go.jp/

目的

 サイバー攻撃が多様化・悪質化する現在において、私たちが自らの手で自らの社会の安全を守っていくためには、既存のセキュリティソフトウェア等をユーザーとして利用するだけでなく、新たなソフトウェア等を自ら研究・開発していくことができる「セキュリティイノベーター」となりうる人材を育成していく必要があります。 国立研究開発法人情報通信研究機構ナショナルサイバートレーニングセンターでは、未来のセキュリティイノベーターの創出に向けて、若年層を対象にセキュリティ関連技術の研究・開発を一年間かけて本格的に指導するプログラム 「SecHack365」 を平成 29 年度から実施しています。

前提知識・経験

 ICTに興味がある、25歳以下の学生・社会人が対象

取組の概要

     SecHack365 とは、 “SECURITY +HACKATHON 365 DAYS” を意味する名称で、25歳以下を対象として、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)の持つ研究資産を活用しながら、一年をかけて実践的な研究・開発に取り組みます。

    学生、社会人など若年層を対象として、毎年4月に募集を行い40名程度の受講生を選考。各地で行われる年6回の集合イベントやオンラインでのイベントや指導など、他にはない長期ハッカソンによるモノづくりの機会を提供します。指導するトレーナーや仲間とともに「作る→見せる→意見をもらう」を繰り返しながら、1年間で作品を作り上げ、自らの成果を発表することが、SecHack365プログラムの大きな特徴です。 多様な集団の中でお互い切磋琢磨しながら目標に向かうことで、学校教育等とは異なるつながりが生まれます。プログラム修了後は修了生コミュニティへの参加や、イベントや指導への参加などの継続した支援も行っています。