施策一覧

TOP 目的や所属・役割から選ぶ施策一覧 地域セキュリティコミュニティ【地域SECUNITY】形成・運営のためのプラクティス集

地域セキュリティコミュニティ【地域SECUNITY】形成・運営のためのプラクティス集

基本情報

実施者 経済産業省
対象者 自宅でインターネットを
利用する人向け
子供層
中間層
シニア層
オフィス等でシステムを
利用する人向け
一般社員
管理職
経営層
セキュリティのプロフェッショナル
セキュリティに関する各種教育・
普及啓発をする人向け
子供層
中間層
シニア層
相談窓口を利用する人
施策の種別 人材育成施策 プラス・セキュリティ
セキュリティマネジメント
セキュリティ技術
普及啓発施策
難易度
(人材育成施策のみ)
-
実施場所・実施形態 -
期間(実施頻度) -
費用 -
URL https://www.meti.go.jp/press/2020/02/20210217001/20210217001.html

目的

 サイバー攻撃が顕在化・高度化し、中小企業や地域の企業もターゲットとなる中、地域の企業が各地で情報収集・相談でき、また、関係者が地域のセキュリティ向上に向けた取組を推進するための「共助」の仕組みの重要性が増しています。そこで、経済産業省では、全国各地で地域の関係者(公的機関、教育機関、地元企業、地元ベンダー等)が集まり、セキュリティについての相談や意見交換を行うためのセキュリティコミュニティ(地域SECUNITY)形成の支援として、プラクティス集を公開します。

前提知識・経験

取組の概要

    【プラクティス集の内容】
     本プラクティス集は、経済産業省で実施した地域のセキュリティコミュニティへの事例調査を踏まえ、コミュニティ形成の際の参考となる事例とポイントをまとめました。
     また、地域のセキュリティコミュニティが主催するイベント等で活用することができるセキュリティの講師派遣制度等の情報・問い合わせ先リストも作成しています。