施策一覧

TOP 施策一覧 セキュリティ・キャンプ

セキュリティキャンプ

基本情報

実施者
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)
一般社団法人セキュリティ・キャンプ協議会
対象者
若年層
難易度
上級
場所
東京ほか実施希望地域
期間(実施頻度)
全国大会 5日間(8月中旬)
ミニキャンプ 1~2日(実施地による)
費用
無料
URL
https://www.ipa.go.jp/jinzai/camp/index.html
新型コロナウィルス感染拡大予防によりプログラムに変更がでています。詳しくは施策公式ウェブサイトでご確認ください。

目的

 学生に対して情報セキュリティに関する高度な技術教育を実施し、次代を担う情報セキュリティ人材を発掘・育成する。

前提知識・経験

 例えば、ウイルスを防御する方法や自分のPCをネットワークにつなげて安全に使用するための方法といった、情報セキュリティに関する基本的な知識を理解できていることは必要です。
 その上で、情報セキュリティ関係の技術的裏づけのない方でも、LinuxやWindowsのGUI操作および基本的なコマンドラインの操作や簡単なプログラミングができる方であれば参加できます。

取組の概要

     セキュリティキャンプは、全国大会、ネクストキャンプ、地方大会の3つで構成されています。

    <全国大会>
     セキュリティ・キャンプ全国大会は、情報セキュリティに関する高度な技術教育と倫理教育を、審査に通過した22歳以下の学生・生徒に対して実施します。4泊5日の合宿形式で行うことから「キャンプ」と称しています。
     全国大会は、毎年8月中旬頃に首都圏の会場にて実施しています。受講者は受講料のほか交通費・宿泊費・食費無料で、期間中は一人一台のPCが貸与されます。

    <ネクストキャンプ>
     セキュリティ・キャンプ全国大会修了生の次のステップとして、さらに高度な教育を行うための特別プログラムとして、全国大会と併催されます。対象は審査に通過した25歳以下の学生・生徒に対して実施します。
     情報セキュリティの多様なシーンに対応し、新たな価値を生み出していけるトップオブトップの人材、フルスタック・エンジニアと呼ばれる人材を発掘・育成することを目的とします。

    <地方大会>
     地方大会は、全国における情報セキュリティ人材の早期発掘と育成を目的に、各地で実施する専門講義です。全国大会と比較して、期間が1日-2日程度と短いことから「ミニキャンプ」とも称しています。対象は25歳以下の学生で、参加するには、応募課題を提出し、合格する必要があります。