施策一覧

TOP 施策一覧 情報セキュリティ教育ゲーム(JNSA)

情報セキュリティ教育ゲーム(JNSA)

基本情報

実施者
JNSA
対象者
若年層・社会人以上
難易度
初級
場所
-
期間(実施頻度)
-
費用
販売
URL
https://www.jnsa.org/edu/secgame/

目的

 情報セキュリティ学習をテーマとしたゲームの企画・開発、普及啓発及びそれらに関わる実証実験活動を目的とした「ゲーム教育ワーキンググループ」において、「ゲーム」の力を活用して情報セキュリティ教育を波及させることを目指す。

前提知識・経験

1.ITの知識をほとんど持っていないリテラシー的な層
2.基礎知識の習得を終えている中核的専門人材層

取組の概要

     ゲーム学習は、安全にチャレンジし、失敗することができる、そして短い時間で体験学習ができる教材です。情報セキュリティの教育は、一般の人にとってはハードルが高いものですが、以下のようなゲームを企画・制作・啓発することで、その敷居を下げる工夫を行っています。
  • 「セキュリティ専門家 人狼」(カードゲーム)
  •  参加者が役割に応じてセキュリティ専門家陣営とサイバー犯罪者陣営に分かれる。分析のターンと取り締まりのターンを繰り返して、自分の陣営を勝利に導くゲーム。
  • 「Malware Containment」(ボードゲーム)
  •  参加者がセキュリティインシデントの対応チームであるCSIRTとして、最初に配布された役職カードの役割に応じた特殊能力を駆使し、外部からの通報を受けてPC端末を調査、マルウェアに感染した端末を特定して「封じ込める」までの初動調査をイメージしたゲーム。