施策一覧

TOP 施策一覧 セキュリティプレゼンター制度の運用(IPA)​​

セキュリティプレゼンター制度の運用(IPA)​​

基本情報

実施者
情報処理推進機構(IPA)
対象者
中小企業
大企業​
難易度
中級・上級
場所
-
期間(実施頻度)
-
費用
無料
URL
https://www.ipa.go.jp/security/keihatsu/sme/presenter.html

目的

 セキュリティプレゼンター制度とは、IPAのセキュリティ対策資料等を活用して、中小企業等に対して情報セキュリティの普及啓発を行う人材を「セキュリティプレゼンター」として登録する制度です。IPAでは、全国の中小企業等における情報セキュリティ対策水準の向上を目的に、セキュリティプレゼンターによる普及啓発活動を推進しています。​​

前提知識

特になし

取組の概要

     中小企業は、本制度を利用することでIPAウェブサイトから身近な専門家(セキュリティプレゼンター)を検索することができます。
     中小企業支援者は、セキュリティプレゼンターとして登録することで、専門家としての経歴や活動実績等をアピールすることができます。
     IPAでは、セキュリティプレゼンターによる普及啓発活動を支援するため、中小企業支援に役立つセキュリティ対策資料の提供や一定の条件を満たす場合には謝金をお支払いします。