施策一覧

TOP 目的や所属・役割から選ぶ施策一覧 「サイバーセキュリティお助け隊サービス」審査登録制度

「サイバーセキュリティお助け隊サービス」審査登録制度

基本情報

実施者 (独)情報処理推進機構(IPA)
対象者 自宅でインターネットを
利用する人向け
子供層
中間層
シニア層
オフィス等でシステムを
利用する人向け
一般社員
管理職
経営層
セキュリティのプロフェッショナル
セキュリティに関する各種教育・
普及啓発をする人向け
子供層
中間層
シニア層
相談窓口を利用する人
施策の種別 人材育成施策 プラス・セキュリティ
セキュリティマネジメント
セキュリティ技術
普及啓発施策
難易度
(人材育成施策のみ)
-
実施場所・実施形態 -
期間(実施頻度) -
費用 各サービスのHPを参照
URL https://www.ipa.go.jp/security/otasuketai-pr/

目的

 中小企業が無理なくサイバーセキュリティ対策を導入・運用できる具体的なサービスを明示することで、サプライチェーン全体のセキュリティ強化を推進します。

前提知識・経験

取組の概要

     本制度では、中小企業のサイバーセキュリティ対策に不可欠な各種サービス(相談窓口、異常の監視、緊急時の対応支援、簡易サイバー保険など)をワンパッケージで安価に提供するサービスを「サイバーセキュリティお助け隊サービス」として登録・公表しています。
     「対策が十分にできているかわからない」「知識のある担当者がいない」といった悩みを抱える中小企業においても、インシデント(事故)の発生時に備えてこれらサービスを活用することにより、自社のセキュリティレベル強化が期待できます。