施策一覧

TOP 施策一覧 人材定義リファレンス(CRIC CSF)​

人材定義リファレンス(CRIC CSF)​

基本情報

実施者
産業横断サイバーセキュリティ人材育成検討会(CRIC CSF)​
対象者
社会人以上
中小企業
大企業
難易度
中級
場所
-
期間(実施頻度)
-
費用
無料
URL
https://cyber-risk.or.jp/cric-csf/jinzai_reference_2016.html

目的

 企業において、セキュリティ対策関連活動を行うためにはセキュリティ業務とIT業務においてそれぞれどのような人材が必要で、能力を規定する項目としてどのようなものが適当であるのかを判断できるようになることを目的とした。​

前提知識・経験

特になし​

取組の概要

     サイバーセキュリティ対策機能を実現する業務とそれを担う各種役割(担当)ごとの要求知識&業務区分を整理したもの。具体的には、29の機能を実施するための30の役割(担当)を整理し、これらを5段階の業務区分と3段階の要求知識という2つの軸で整理して必要となる人材を定義している。​